(スタッフによるクルマ紹介)

Car Life -*ブログ*-

2017.07.13

「全方位」Apple CarPlay繋げてみた「モニターナビ」

車種名 イグニス HYBRID MZ(全方位モニター付メモリーナビ&セーフティパッケージ装着車)

今回もイグニス

全方位モニター付きメモリーナビ

のご紹介をしていきます!

 

 

 

以前のブログにも書いたように

このナビの反響がすごくあるんです

※以前のブログ記事はこちら

 

やはり

「鳥が空から車を見下ろすかのような

映像で駐車をサポートすることができる」

のが一番の要因ですね。

 

他にも

これも以前のブログを見ていただくと

わかりやすいかもですが

Android Auto

という、Androidのスマートフォンと

全方位モニター付きメモリーナビと

連携させる機能を使うと

「Google Mapなどの機能がカーナビでも使える!」

ということができます。

※以前のブログ記事はこちら

 

 

 

実は

iPhoneでも同じようなことが

Apple CarPlay

という名前でできます。

 

できますが

実際どういうことができるのか

Androidのスマホしか触ったことしかない営業は

なんとなくでしかわかってなかったんですね 

 

そんな折

先週末にご来店いただいたお客様の中に

お客様のiPhone

Apple CarPlay」を試してみたい

という申し出があったのですが

うまくいかなかった方がいらっしゃったんですね。

 

そのことがかなり心残りだったので

今回は事務の子のiPhoneをお借りして

Apple CarPlay」の説明を

していきたいと思います!

 

 

 

前置きが長くなりましたが本題です。

 

さっそくiPhoneとナビとを

繋げていきますが

ライトニングUSBケーブル

iPhoneとナビのUSB端子とを

繋げるだけほとんど終わりです。

Android AutoではBluetoothの設定を

いじってたりしていましたが

特にiPhoneの場合は必要ないようです。

 

DSC03678R

こんな感じですね。

 

そうすると上の写真だと

既に「Apple CarPlay」が起動しちゃってますが

ナビの基本画面が次の写真のような状態になります。

 

DSC03679R

 

右下に「Apple CarPlay」のアイコンが

出ているのがわかりますでしょうか。

※通常、「Android Auto」や「 Apple CarPlay」を

使わない場合、この場所は空白になっています。

 

この「Apple CarPlay」のアイコンを一回押すと

標準の画面になります

拡大した画像がこちらです。

DSC03680R

 

 

表示されてるのが

iPhone内にあるアプリだそうですが

いかんせん事務の子もiphone

詳しいわけではないようですので

説明は割愛します 

 

代わりにそれぞれのアイコンをタッチした後の

画面の写真を載せます。

 

「電話」

DSC03681R

 

 

「ミュージック」DSC03683R

 

 

「メッセージ」DSC03684R

 

 

「再生中」DSC03685R

 

 

※なお、「マップ」は事務の子が使用していないため表示されませんでした。

 

今回「Apple CarPlay」を試してみて

1つすごいと思えたのが

iPhoneの、かの有名な

Siriのように音声認識が使えた

ことですね。

 

例えば

「電話」のアイコンを押した後

電話をかけたい相手の名前を言う

しっかり音声を認識してくれて

特にボタン操作をしなくても

その人に電話をかけてくれたことに感動しましたね。

 

事務の子と一緒に

「すっごーい!」

と、はしゃいでました(笑)

 

今回のレポートは

ほとんど繋いでみただけの記事でしたが

少しでもみなさんの参考になればと思います。

 

また「試してみたい!」という方がいれば

ぜひとも繋いで色々と試してくださいね

 

ここまで長々とした記事を読んでいただき

ありがとうございました!

 

以上

「Apple CarPlay繋げてみた」でした!

posted by スズキアリーナ土井東濃  | 2017年7月13日