(スタッフによるクルマ紹介)

Car Life -*ブログ*-

2017.05.25

バレーノ試乗レポート!

車種名 バレーノ XT

こんにちは!スズキアリーナ土井東濃のブログ担当です!

 

記事が消えてしまいましたので以前のブログ記事の使い回しですが

試乗レポートを載せさせていただきました!

 

 

 

つい先日、車のメーターの温度計が37℃を指していた多治見市は

ものすごい暑さでしたが皆さんいかがおすごしでしょうか。

 

私は長そで効果もあり、なんとか熱中症やバテは回避できました(^^;)

しかしまだまだ夏に向けてどんどん暑くなるということで油断はできませんね!

さて、今回はスズキのコンパクトカー

バレーノターボグレード、XT

試乗してみました!

 

ノンターボ仕様のXGグレードも試乗済みでしたので

その比較で試乗レポートを書いていこうかと思います。

拙い文章ですが皆さまおつきあい下さいm(_ _)m

フルオートエアコンで操作がいらないのが楽ちん!

 

 「フルオートエアコンでも結局操作がいるよ」と

以前のバレーノ試乗レポート

http://s21204004.suzuki-dealers.jp/drive-voice/1710/

には書いていましたが

 やはり、これがあるとほんとですね。

 

 というのも今の暑い時期なんかには

体験されてる方も大勢いらっしゃるかと思いますが

 エンジンをかけたばかりなんかは

エアコンがすぐには効きません(><)

 

 ですので、マニュアルエアコンで一つ前のドライブ中に

涼しくしようと風量をMAXなんかにしていた暁には、

 サウナみたく暑~い車内に乗ってエンジンをかけると

”ムワッ”とした熱気がさらに襲い掛かってきます

 

 その点、フルオートエアコンは熱気を出すのは変わりませんが

襲い掛かってはこないです。

 優しい風が吹いてきます

 そしてエアコンが効いてくるようになると

風量も自動で強くしてくれます

 

 やはり、フルオートエアコンは便利です

1000ccでもターボで加速がイイ(・∀・)!

 

 恥ずかしい話、ブログ担当は今まで

ダウンサイジングターボという分類の車を運転したことがありませんでした。

 「正直どうなんだろう・・・」と疑いがすごいありましたが

運転してみてすぐわかりました!

 

 加速がすごく気持ちいい!

 

 坂道だろうとエアコンをつけていようと

 どんどん加速していきます。

 1000ccでも全然問題なく走れていますね。

 

 ブログ担当は1200ccのスズキのコンパクトカー

スイフト※1に乗っているので

 なおさら加速感がよく感じたかもしれませんね。

 バレーノ自体70kgスイフトより軽くなっているので

そもそもXGグレードでも加速が良いのですが

 さらに上を行く加速感で軽く感動してしまいました。

 一瞬にして次の代替え車両候補として挙がったぐらいです。

 

 もちろんターボ特有のアクセル踏んでから

ワンテンポずれての加速という特徴はありましたが

 そこまで気にならなかったですね。

 

 しかし、同じくターボ車の特徴である

あの独特の音が聞こえなかったのがびっくりしましたね。

 ターボグレードの軽自動車に乗っていると

ターボが効いてくると「キーン」というような

タービンが回る際に出る風切音(?)がよく聞こえてきましたが

バレーノは耳をすましてもその音がよくわかりませんでした

 

 静かさという点でも何かしらの一工夫があるのかもしれませんね。

 ・・・もしかしたら若者にしか聞こえない周波数の音という可能性もありますが

ブログ担当(28)は耳をふさぎます

 

 

さてさて、項目は少なかったですが

ここまで長い文章を読んで頂きありがとうございました!

 

全然、良さを書ききれていないのですが、そこはぜひとも試乗をして頂ければ、

よ~くわかるんじゃないかと思います

 

 

皆様のお問い合わせ&ご来店、心よりお待ちしております!

 

DSC017131 

  

 

 

以上、およそ1年前のブログ記事からの試乗レポートでした!

元のページをご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

 

 ※1、こちらの記事に出てくるスイフトは一つ前のモデルです。

posted by スズキアリーナ土井東濃  | 2017年5月25日